So-net無料ブログ作成

小豆島ヒルクライム [サイクリング]

DSC_0009.JPG
今週末も高松居残り。
先週末に引き続き今週末もいいお天気で最高気温も30度程度ということでいつものサイクリング。

先週土曜日は平坦路でのパン屋サイクリングだったので、今週は山登り。
小豆島の寒霞渓ヒルクライムで最後に残っていた東からのコースにチャレンジです。
走ったコース自体は6月3日とほぼ同じですが、一本目は草壁から寒霞渓へ上って大部へ下り、島北東部を走って二本目福田から寒霞渓に上って小豆島スカイラインを下るコースです。

まず、一本目、草壁から上って寒霞渓に到着。
観光オフシーズンのため人もまばら、6月は中国人観光客がいっぱいでしたが今日はホント少なめ。


オフシーズンとは言え寒霞渓からの景色はいいですね。


大部に下って小豆島北東部を走ってると大きな音がしたので何かなと思うと採石場でお仕事中。
近くで見たら迫力モノでしょうね。しばらく見入ってました。


福田港で水分補給して上ろうかと思いましたが香ばしい香りに誘われてちょっと早いお昼ご飯にしました。
福田港に隣接してる梅本水産の食堂です。


お奨めの特上アナゴ丼、美味しゅうございました。
これで上りの栄養補給はバッチリ(^^)b


福田港からは最初3km程度の勾配がきついのですがそれ以降は緩やかな上りでした。
一本目の上り、県道29号線との合流地点到着です。


二回目の寒霞渓到着です。


四方指展望台へ。ここからの眺めも最高です。


柵も何も無いのでそれなりにスリルがある場所です。


担ぎ上げ~


斜度18%、今日は下ります。


銚子渓過ぎからの風景もいいですね。


締めのドヤ顔。


小豆島スカイラインを下りて小豆島の北西部を廻って土庄港へ向かいました。


本日のコース CATEYE Atlas


これで、寒霞渓へのヒルクライム4コースすべて走破です。
上りやすさから言うと、
1.南から(草壁から)
2.北から(大部から)
3.東から(福田から)
4.西から(小豆島スカイライン)
といった感じでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。