So-net無料ブログ作成
サイクルイベント ブログトップ
前の10件 | -

高知仁淀ブルーライドの写真が来た(^^)b [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
高知仁淀ブルーライドの写真が送られてきました。
今回写ってたのは名越屋沈下橋上と宮崎の河原キャンプ場付近の2ヶ所。

今までずっと買い続けてきたので今回も記念に購入しておきました。
撮影ポイントがあらかじめわかっていたらカメラ目線でそれなりに意識するんですけどね(笑)

名越屋沈下橋にて

Copyright allsports.jp

宮崎の河原キャンプ場付近

Copyright allsports.jp

今更ながら・・・イベント当日のMCを担当されてたの平野由香里さんでした。
サイクリングインストラクターでありR250とかルイガノのカタログモデルだったりと健康的な元気な方でした。
ゴール後に写真、撮ってもらえばよかったかな(^^;
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっと頑張ってみたプチヒルクライム [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG

平地では遅いので体重を活かしてせめて上りだけでもと、サイクルイベント中でもヒルクライムになるとちょっと頑張ったりします。

そのためと言っては何ですがバイクはEmondaSLをホイールはWH-R9100-C24を選択した私。

今日の仁淀ブルーライドにおいてもSTRAVAで各所に区間記録がありまして、ロングコース最後のヒルクライムである佐川から土佐市へ抜ける県道53号線。
距離2.52㎞、平均勾配5%、高度差115mと短いコースですがちょっと頑張ってみました。

記録7分57秒、全体の99人中8位。
っで

今日の49中1位でござました(^^)b、さすがEmondaSL&WH-R9100-C24のコンビであります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

仁淀ブルーライド参加してきました [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
仁淀ブルーライド当日です。
絶好のサイクリング日和、5時半くらいに自宅を出て会場へ。

続々と集まってくる参加者たち、老若男女・・・と言いたいところですが、やはり老と男のほうが多いのは仕方ないか(^^;

今朝になってコース変更のお知らせがあり、安居渓谷への道路で一部土砂崩れが見られるということで安居渓谷はカット。
エイドステーションは国道439号線沿いの旧池川町は宮崎の河原キャンプ場に変更とのこと。
楽しみにしていた安居渓谷ですが安全第一、これは仕方ないですね。

6時半頃到着しロングコースの待機所にバイクをスタンバイ。


開会式では池田牧子いの町長のご挨拶。
なんと池田町長、このイベントのためにTREKのロードバイクを購入したそう。
しかし、当日はいの町全体の清掃活動やら災害対策訓練やらで出走できないということでバイクのお披露目だけ。
ぱっと見、バイパーレッドのEmondaALRのようでした。


スーパーロングコースから出発し、15分後くらいにロングコース出発。
スタッフの先導で快調にペダルを回します。
サイクルイベントの際には地元のベテランサイクリストについていくといろいろ勉強になりますね。
7時45分第1エイドステーション:屋形船仁淀川乗り場に到着。


日向特産のシュガートマト、ほんとに甘いトマト、美味し!


チョコけんぴ、芋けんぴにチョコレートをかけたもの、霧山茶とともにこちらも美味しくいただきました。


8時5分休憩所のMadein土佐高知アイスに到着。


ここではゆずドリンクをいただきました。


窓辺から見える風景も最高です。


8時30分浅尾沈下橋到着。PHOTO SPOTということでパネルも準備されていました。


これぞ高知の沈下橋。


国道439号線に入りこれからヒルクライム、C24ホイールの威力発揮です!
面白いようにペダルを回せます!

9時20分第2エイドステーション:ふれあいの里柳野に到着。


ここでは、自家製そば粉をつかった「そばかき」と地元のほうじ茶。
「そばかき」そば粉にだし汁を注ぎ、一気にかき混ぜて食べるもの。
ヒルクライムで疲れた体にこの優しいそばの味わいがなかなかよろしい。


ふれあいの里柳野からの山里の風景も最高であります


河童の木彫りがあったのでパチリ。


この後、新大峠トンネルを通っていきますが、3㎞ほどあってずっと下りなので一気に体が冷える感じ。
トンネルを抜けた後の暖かさがほっとしました。

9時50分第3エイドステーション:宮崎の河原キャンプ場に到着。


沢渡茶の水出し新茶で喉を潤します。


沢渡茶ワッフル。


稚鮎、稚あめごの天ぷら


焼きそばもいただき、結構お腹も満足してきました。


キャンプ場。


クロックスサンダルが準備されており「ぜひ川に入ってください」サービスもありました。
私はパス(^^;


大崎から国道33号線を快調に走ります。
寺村トンネルは古いトンネルのままなので幅が狭く暗いのですがその他のトンネルは歩道がそこそこ広く安全に走れました。

11時第4エイドステーション:宮の前公園に到着。


まず、越知カツサンド2つ。


そして横山の芋ケンピ。


1時間前に焼きそば、稚鮎の天ぷらを食べた後にカツサンド2つはお腹パンパン、それでも完食(^^)b

11時30分第5エイドステーション:佐川町役場到着。


まずは佐川の地乳(ぢちち)、吉本牛乳。


その地乳を使ったアイスクリーム。


さらに山椒もち


締めの司牡丹、枡でグイっと・・・んなわけない(笑)
中身は地元の水です。


司牡丹の酒樽から杓子で注いでくれました。隣には地乳の牛さん。


インスタグラム用にパネルから被り物まで準備されてました。


佐川町からちょっとしたヒルクライム経て土佐市へ抜けます。

12時30分第6エイドステーション:グランディールに到着


アイスクリンの他にメロン、小夏、小夏ジュースをいただきました。


サイクルイベントではロードバイクのちょっとした品評会状態。
自分のEmonda+C24がもう一台買えるくらいのバイクもみかけます。


そんなこんなで13時20分頃ゴール。


アンケートを記入し完走証をいただきました。
完走証とゼッケンをラミネート加工していただけるというのでお願いしましたが・・・


A4サイズのラミネートフィルムどうやって持って帰ればいいのだろう?
折ることが出来ないのでサイクルジャージのポケットには入らない。
手でもって帰れないことはないがちょっと危険。

しばらく悩んで、背中のサイクルジャージとアンダーウェアに挟んで帰りました。

土佐和紙を使った手書きの完走証でした。


前評判通り景色も最高でエイドステーションがかなり充実したイベントでした。
また地元の方の声援は励みになります。
主催していただいた方々、随所で道路案内していただいたボランティアの方々などこのイベントに関わっていただいた方全てにに感謝ですね。
また、いつか安居渓谷も含めプライベートライドでも走ってみたいコースです。

これだけ食べたのだから体重も変わらないかもしかしたら増えてるかも・・・
なんて思ってましたが朝より減ってたのでそれだけ消費したんでしょうね。

本日のコース CATEYE Atlas


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

仁淀ブルーライド前日受付 [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
午後から明日の仁淀ブルーライド前日受付に行ってきました。
受付会場はいの町の波川公園、JRの鉄橋の麓です。

高知の住まいから片道15㎞、40分見とけば大丈夫かなと思い極力裏道通ってみたものの市街地は交通量もそれなりで次から次へと信号にひっかかり50分近くかかって到着。

ゼッケン、Tシャツ、近辺観光案内を受け取り今日はそのまま帰ります。

33号線バイパスからの仁淀川。


仁淀ブルーとEmonda。


参加賞のTシャツ、Sサイズなんですけど165cmサイズなので自分にとってはMサイズ相当(^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

石鎚山ヒルクライムエントリー完了 [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
第8回石鎚山ヒルクライムのエントリー完了。

今年はバス送迎付きエントリーが実施されるとのこと。
愛媛県庁~スタート地点までをバスで送迎、バイクはトラックで運送というもの。
サイクルイベントとしてはちょっと珍しい試みではないでしょうか。

前日に愛媛入りで松山宿泊、当日はバス送迎、もう一泊して翌日帰路へということも出来るってことですね。

また”山の神”森本誠選手が参戦予定、昨年同様お天気に恵まれた大会になってほしいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

久万高原HC [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
今年も久万高原ヒルクライムレースのエントリーが始まりました。

平均斜度6.8%、15.4kmで競うヒルクライム。
なんとか完走出来てもタイムは???、やはりヒルクライムイベントは石鎚山一本に絞ろう。

また一週間後の8月5日は土佐センチュリーライドが予定されているみたいなので、せっかく高知にいることだしそちらにエントリーしてみようかと思ってます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年の石鎚山HCはどうしようか。 [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
今年の石鎚山ヒルクライムの日程も決まりホームページにも掲載されました。
70分切りを目指して参加してみたいところですが会場までの移動をどうしようかと・・・
昨年は夏季休暇に合わせて輪行で実家に帰り参加しました。
高知からだとJR四国バスが自転車積み込みサービスをしていますが、はたしてバスのどこに積み込むのかと?
輪行袋に入れるのが条件ですが車内への持ち込みは無理だろうしトランクだと寝かして置くんだろうか。
そう考えると、費用かかるけどレンタカー借りる?
それとも嫁さんにシャトルで高知まで迎えに来てもらう?
いっそのこと9月1日(土)に自走で実家に帰り、2日(日)に参加、3日(月)に有給休暇とって自走で高知に帰る?

とりあえずエントリーしてから考えようか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

オリーブサイクルフェスタ2018 [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
今日は小豆島で開催されてるオリーブサイクルフェスタ2018に行ってきました。

スポーツサイクルの試乗やホイールの試乗が出来るとあってお客さんもいっぱい。
お目当てはMAVICのホイール試乗です。

朝8時のフェリーに乗って9時に土庄到着。
フェスタは10時からなので、MAVICの違いをしっかり把握すべく試乗コースをグルグル。
気温は低いのですが絶好のサイクリング日和、しっかり堪能してみましょう。

会場は土庄港の目の前、オーキドホテル・サイクルステーション前広場です。


受付を済ませ、さっそくMAVICブースへ。


試乗したホイールは
KSYRIUM PRO UST
KSYRIUM ELITE UST
COSMIC PRO CARBON SL UST
の3種類。

MAVICのチューブレスであるUSTについて軽く説明を受けて、まずはKSYRIUM PRO UST。
チューブレスというとタイヤ交換等が大変というイメージでしたがMAVICのUSTは手だけでタイヤの付け外しが可能。
クリンチャーと比べると耐パンク性も高く、低い空気圧でも走れるというかなり魅力的。

常用しているクリンチャータイヤの空気圧は7barですが、試乗時の空気圧は5bar。
スマホのアプリで適切な空気圧を教えてくれるらしい。

走り始めた瞬間、軽い、マイルド、気持ちいい。2barも低いとは思えないほど。
上りも幾分軽く登れる感じ。
KSYRIUM PROと言えば、一本だけ黄色いスポーク、いい感じですね~。


続いて、KSYRIUM ELITE UST。空気圧は同じく5bar。
走り始めの感じはKSYRIUM PROとさほど変わりませんが、さらにマイルドな乗り心地。
路面の凹凸がすべて吸収されているような感じ、スタッフの説明通りロングライドには最高のホイールかもしれません。
ぱっと見にはホイールを交換したように見えませんが、試乗ホイールはハブ部分が黄色なので角度によっては多少なりとも派手めに映ります。


最後にCOSMIC PRO CARBON SL UST。
初めてのカーボンディープホイールです。


ホイールを交換して渡された瞬間、軽っ!
走り始めた瞬間、これは次元が違う・・・。速度センサーがないので実速度はわかりませんが、あっという間に30㎞域に達しているようでその後の速度維持も難なくこなしていけそう。


思わず笑みがこぼれてしまいます。


記念に(^^)b


このまま履いて帰ろうかと思う気持ちをぐっと抑え、いつものホイールに戻していただき会場を一回り。

試乗バイクの一部。


YONEXです。


GOKISOのホイールもありましたが、MAVICの試乗でお腹いっぱい、これ以上試乗するととんでもないことになりそう(笑)


飲食ブースでドライカレーをいただき小豆島を後にしました。
いつもの半島ライドで回ってる屋島と庵治半島を瀬戸内海から見渡します。


MAVICホイールを試乗した後SNSで#MAVIC #USTでアップするとトートバックをいただけるというので早速アップ。
しっかりいただいてきました。


今のBONTRAGER RACEホイールも悪くはないのですがハイスペックなホイールを試乗すると欲が抑えられなくなりますね。
どうしましょ(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

しまなみサイクルイベント [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
今年のしまなみ海道のメジャーなサイクルイベント概要もほぼ決まってきました。
3月24日、25日のしまなみ縦走2018
4月15日のグラン・ツール。せとうち2018
10月28日のサイクリングしまなみ2018

毎年参加している「しまなみ縦走」、参加費無料でソロで自由気ままに走れてちょっとしたエイドステーションもあり完走すると今治タオルがいただけるというおいしいイベント。
今年は亀老山のチェックポイントはなくなったようですが、出来れば参加してみたい。
今治からしまなみ往復して元気が残っていれば伊予市の実家まで帰る約200kmに挑戦もいいかなと・・・

10月の「サイクリングしまなみ」、一昨年に参加しまして高速道路を走れるということでハイテンションになりエイドステーションとか完走後のお食事の充実に気分は良かったのですが、集合時間~出発時間まで結構時間があったり、大勢の参加者のため高速道路上も上り区間は結構渋滞しました。
またエイドステーションからの出発もある程度人数がまとまってからなので、時間制限が迫ってくるとちょっと厳しいかもしれません。
参加費を考えると今年は他のサイクルイベントの参加費用にまわそうかなという気持ち。

さて、明後日3月1日は「ツールドにし阿波」エントリー開始日、結局4月以降の居場所未確定のため今年はエントリーやめとこうか・・・
nice!(0)  コメント(0) 

ツールドにし阿波からのお誘い [サイクルイベント]

DSC_0009.JPG
今年も、ツールドにし阿波からのお誘いが来ました。
今年変更となったCコースは見越まで一気に上って一気に下るコース。

参加したいのはやまやまですが、エントリー開始の3月1日までに次年度の居場所は確定しないからどうしようかねぇ・・・悩みはつきぬ(^^;
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - サイクルイベント ブログトップ